BCPortal

BCPortalの実際のご利用イメージ

導入事例/ご利用イメージ

お問い合せはこちらから

お電話でのお問い合せはこちら 03-6866-3450東京 06-6268-3311大阪

エマージェンシコール BCP全般を支援する安否確認システム

メールマガジン無料配信中

高橋家のカンパン 災害対策コミュニティ

BCPortalは災害時のご利用はもちろん通常業務
ご利用いただくことで企業の
競争力の強化を実現します。

BCPortalは災害時のみならず平常時の「店舗と本部の情報共有」、「外出・出張時の連絡」、「事務所内の従業員の在席確認」、「在宅勤務におけるコミュニケーション」、「営業情報の全社共有」、「社内イベントの発信・お知らせ」など、様々な用途でのご利用が可能です。

導入事例実際にご導入いただいた企業様の声をご紹介します。

株式会社大林組 様 高い安全性と優れたコストパフォーマンスが導入の決め手

ご利用イメージ様々な場面でのBCPortal活用例をご紹介します。

午後1時に関東地方で震度5強の震災が発生した場合

掲示板を使って従業員へ指示事項を伝達

災害発生を知らせる掲示板情報をアップ、オフィスで勤務している従業員には待機を、外出している従業員に対しては安全確保を指示。様々な場所に点在する社員に対して、1回の指示で情報伝達を行うことが可能。

各拠点オフィス状況の把握

拠点画像配信機能により、各フロア・拠点に固定設置したスマートフォンから一定間隔で配信される現地画像を確認し、関東地方のオフィスの損害状況を確認・把握。万が一設置しているスマホが故障した場合は、手持ちのスマホで代用が可能。

拠点情報の入力

質問項目を自由に作成して、 入力された情報を集計することが可能。 例えば、各拠点のフロア防災担当者による拠点被害情報の入力

  • オフィス損壊の有無
  • 停電の有無
  • オフィス待機の可否

を、各拠点のフロア防災担当者がオフィスの状況を 入力することで、災害対策本部の情報収集スピードが 向上し、いち早く社内の被害状況を把握することが 可能となります。

SNS機能による現地状況の把握

タイムライン機能(情報共有型)を使って、従業員がオフィスや周辺の状況を画像とともにアップロードして情報共有、災害対策本部の状況把握スピードの向上とともに、従業員間の円滑なコミュニケーションをサポート。

SNS掲示板に、集約された情報に基づく
指示事項をUP
BCP発動!
PAGETOP